第10弾 ノアフォーム

本物
ロッチ(台紙白)(下手絵)

 いちおうロッチに分類はしたが、ロッテかロッチか微妙な印刷がされている(元の所有者が「チ」のつながっている部分を削ったようにも見えるが)。
 表はコピーではなく手書きでのトレースのようであり、いわゆる「下手絵」である。裏書の「ノアフォーム」のフォントが細いというニセモノにありがちな特徴も持っているが、このシールの場合それだけではなく台紙が白いということも特徴といえる。

ロッチ(台紙青)(下手絵)

 見た目は上とほぼ同じだが、台紙が青いという点が異なる。

無印

 よくあるタイプの無印。ロッテのロゴがない以外は本物をコピーしただけのようである。コピーの質が悪かったのか、表の絵も画質が粗い。